漢方薬はどのように選べばいいのでしょうか?

漢方薬を試してみたい、でも難しそうで何を選んだらいいのかよくわからない…そんな悩みを抱えている方も多いようです。ネットで情報を手軽に入手できるようになったとはいえ、漢方薬は名前からして難しくどれがどんな時に役立つのか見極めるのが難しい部分があります。

漢方薬は「悩みから選ぶ」または「生薬の名前から選ぶ」

漢方薬Q&A

そんな漢方薬の上手な選び方にはまず2つのパターンがあります。一つ目は抱えている症状や悩みから選ぶ方法。便秘、肌荒れ、月経不順、冷え性…こうした悩みに合わせてそれぞれに役立つ漢方薬を調べて購入するわけです。これがもっとも簡単でわかりやすい方法でしょう。

 

難点としては自分が抱えている症状・悩みに役立つ製品を見つけられるとは限らないこと、また製品を見てもどんな成分が含まれているのかよくわからないので体に合わないと副作用のリスクが生じることなどが挙げられます。

 

もうひとつのパターンとしては漢方薬や薬に使用されている生薬の名前から選ぶ方法です。それぞれの名前とどんな効果や働き、副作用のリスクがあるのかをあらかじめ確認しておく手間がかかりますが、その製品にどんな効果が期待できるのか、副作用のリスクはないのか、自分の体質に向いているかどうかなどを判断しやすいのが大きなメリットです。

 

また自分の症状にはどんな生薬成分が向いているのかを知っていれば製品の選択肢が広がる点も魅力です。

漢方にの知識を身に着けたうえで選ぶこと

漢方薬Q&A

さらに一方踏み込んだ選び方としては漢方のメカニズムそのものに関してある程度の知識を身に着ける方法もあります。漢方は「気・血・水」のめぐりを基準としています。ですから水が不足してめぐりが悪化している方は水を補い、気が不足している方は気を補う形で漢方薬を取り入れていく形となります。

 

ですから自分の症状は気・血・水のどれが原因なのか、不足している分を補うにはどの漢方薬が向いているのかを知っていれば自分に適した製品を見つけやすくなります。

 

できれば漢方に関する知識をある程度身につけたうえで選んでいきたいところです。そうすればお店で店員に尋ねるときにも説明を理解しやすく、最終的に自分の判断で購入するかどうかを判断することができます。また、ネット通販では海外製の品質や安全性にやや疑問があるような製品もあふれていますから、よいものを見極めるうえでもある程度の知識は必要でしょう。

 

あとは価格。これはサプリメントと同じで継続的に買い続けて使用し続けられることが大前提です。無理して高価なものを購入しても続けられなくなってしまうでしょうから自分の経済力で買い続けられることが前提です。

通販で売れている高麗人参サプリベスト3

更年期に使ってみたい人気の高麗人参サプリ

高麗美人

高麗美人

サポニンは大豆の7.7倍!更年期の美容と健康に100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

白井田七

白井田七

楽天1位!更年期の倦怠感と美容に累計10万袋売れ続けている和漢サプリ
6,480円・税別/定期初回3,980円(2回目以降5,184円)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬日本堂 有機 田七人参

薬日本堂 有機 田七人参

添加物不使用、田七人参100%!漢方専門店が作った純度100%のサプリ
6,480円・税込/定期初回2,980円(2回目以降4,980円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!