漢方薬とサプリに違いはあるのでしょうか?

漢方薬が注目を集めるようになった最大の理由はネット通販の普及でしょう。それまでは難しい漢字が並んだ名前ばかりで得体が知れない印象があった漢方薬でしたが、ネットで事前に内容について情報を入手できるうえで簡単に注文・購入できるようになることでそうしたイメージが払拭されつつあるのです。疲労回復にはこの漢方薬、月経不順にはこの漢方薬と目的を決めた上で選んで活用するケースも増えています。

漢方薬とサプリの違いは医薬品かどうか

漢方薬Q&A

ただこのようにネット通販で手軽に購入することができるようになったことでサプリメントとの違いが不明瞭になりつつあります。実際サプリメント感覚で購入している方も多いはずです。漢方薬にしろサプリメントにしろ体の内面からトラブルの改善を目指すこと、賢く活用すれば体に負担をかけずに健康や美容効果を得ることなどの点で共通しています。

 

しかし安易に漢方薬をサプリメント気分で使用しているとトラブルを抱えてしまうこともあるので注意が必要なのです。

 

最大の違いは医薬品かどうかでしょう。漢方薬は原則として医薬品として扱われているのに対しサプリメントの大半は健康食品です。この違いはかなり大きく、医薬品のほうが高い効果が期待できますが、その一方で副作用のリスクも潜んでいます。

 

これは漢方薬に付きまとう大きな誤解とも深く関わっている点です。

 

よく西洋医学と漢方薬の東洋医学を比較する際に「西洋医学による薬剤は副作用が強いのに対して東洋医学の漢方薬はその心配がなく安全性が高い」といわれます。確かに医師に処方される薬剤に比べれば漢方薬のほうが副作用のリスクが低いのは事実ですが、まったくリスクがないというわけではありません

 

この点の理解があいまいで「漢方薬は副作用がないから安心」と安易に利用した結果いろいろなトラブルを抱えてしまうこともあるのです。サプリメント感覚で購入するととくに過剰摂取の問題を抱えてしまいやすいだけにとくに注意しなければならないでしょう。

サプリの配合成分は明確だが漢方は確認しにくい

また漢方薬はどんな成分が含まれているのが確認しにくいという難しい点もあります。サプリメントならどんな成分がどんな働きを発揮してくれるのか、製品紹介ページを見ればすぐに確認できますが、漢方薬ではその点が少々あいまいです。その分戦術した副作用も含め、どんな成分がどんな働きをもたらすのかをよく確認したうえで購入・使用することが求められます。

 

このように漢方薬はサプリメントに比べると扱いが難しい面もあります。賢く活用すれば優れた効能も期待できるのに対して安易な利用がかえって問題を起こしてしまうこともあるだけにサプリメント気分での使用は避け、適切な形での使用を心がけましょう。

通販で売れている高麗人参サプリベスト3

更年期に使ってみたい人気の高麗人参サプリ

高麗美人

高麗美人

サポニンは大豆の7.7倍!更年期の美容と健康に100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

白井田七

白井田七

楽天1位!更年期の倦怠感と美容に累計10万袋売れ続けている和漢サプリ
6,480円・税別/定期初回3,980円(2回目以降5,184円)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬日本堂 有機 田七人参

薬日本堂 有機 田七人参

添加物不使用、田七人参100%!漢方専門店が作った純度100%のサプリ
6,480円・税込/定期初回2,980円(2回目以降4,980円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!