そもそも漢方薬ってどんなものなのでしょうか?

漢方の健康・美容への活用が注目されるようになっています。かつては健康対策に役立つ選択肢として知られていましたが、現在ではさらに一歩踏み込んで女性の美容対策に役立てられるようになっているほか、病気や体調不良だけでなく広い意味での健康の維持・獲得にも活用される機会が増えています。月経不順に悩まされている女性の対策として、あるいは高齢者が元気で活動的な生活を送れるために、など。

 

これまで以上に漢方の働きが期待されている状況といってもよいでしょう。

日頃利用している漢方は日本で発達したもの

漢方薬Q&A

こうした漢方への注目はネット通販の普及も手伝っています。これまでは専門店に行かなければ入手できなかった漢方が手軽に入手できるようになっただけでなく、事前に情報を入手して自分にはどんな漢方が向いているのかを確認したうえで選択することができるようになったのも大きなポイントでしょう。

 

これまではどうしても漢方というと「よくわからない」「得たいが知れない」といったイメージがつきまとっていましたが、現在では情報の普及でそうした点が払拭されつつあります。

 

ただその一方で肝心の「漢方とは何か」という部分が十分に普及されていない面もあります。「この症状にはこの漢方がいい」といった知識をたくさん持っていてもそもそも漢方とはいったいどのようなものなのかをよく知らないという方も多いはずです。情報が多くなりすぎて今度は偏ったり、誤った形でイメージしてしまうケースが増えているのです。

 

おそらくほとんどの方は漢方といえば「中国の伝統医学」をイメージするのではないでしょうか。しかしじつはこれは間違いで、わたしたちが日ごろ「漢方」といわれてイメージしているもの、そして日ごろ利用しているものは日本で発達したものです。正確に言えば中国の医学をもとに日本で発展させた知識を下に活用されているものなのです。そもそも漢方という言葉そのものが中国ではなく日本で生まれた言葉です。

 

ですから、漢方薬の素材は中国由来でもそれをどのように活用すればよいのか、この症状にはどういった漢方が適しているのかといった知識、理論のほとんどは日本で作られたものなのです。代表的なのは「気・血・水」の概念でしょう。これらが体内を正常に循環すれば健康を維持できますが、どれかが滞るとさまざまな問題が生じるという理論です。

 

漢方が日本由来と聞いて驚く方も多いかもしれませんが、その分日本人の体質に合った理論ともいえます。そして体の「めぐり」に着目しているので健康状態の根本を改善することで症状を抑えることもできるため、対症療法がメインの西洋医学とは違った魅力も備えています。

通販で売れている高麗人参サプリベスト3

更年期に使ってみたい人気の高麗人参サプリ

高麗美人

高麗美人

サポニンは大豆の7.7倍!更年期の美容と健康に100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

白井田七

白井田七

楽天1位!更年期の倦怠感と美容に累計10万袋売れ続けている和漢サプリ
6,480円・税別/定期初回3,980円(2回目以降5,184円)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬日本堂 有機 田七人参

薬日本堂 有機 田七人参

添加物不使用、田七人参100%!漢方専門店が作った純度100%のサプリ
6,480円・税込/定期初回2,980円(2回目以降4,980円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!