更年期に積極的に摂りたい食事と控えたい食べ物はどんなものなのでしょうか?

更年期対策では食生活の改善と充実が必須です。ただでさえ体の老化が進む時期に加えてエストロゲンの減少の影響で内臓脂肪が蓄積しやすくなり、さらに血行不良も加わるため糖尿病や高血圧といった生活習慣病のリスクも増大していきます。それらを防ぐためにも、まずは食生活の改善から更年期の対策を行っていく必要があるのです。

更年期には内臓脂肪の蓄積と血圧の上昇に関わる糖分・塩分は控えること

更年期対策Q&A

現代人は栄養バランスが乱れていることが多いため、更年期によい食材を食べるよう心がけるだけでなく、よくない食材を控えることも大事です。要注意なのはやはり内臓脂肪の蓄積と血圧の上昇に深くかかわる糖分・塩分です。日本人はもともと塩分の摂取量が多いと言われているだけに更年期に入ったら塩分を少し控えめにするよう心がけてみましょう。

 

注意したいのは醤油をはじめとした調味料に塩分が含まれていることが多いため、食材だけでなく調味料も含めて全体の塩分摂取をコントロールしていくことです。糖分に関しては甘いものを避けること、添加物が含まれたジャンクフードやインスタント食品はできるだけ控えることなどが挙げられます。

 

あとは動物性たんぱく質。エネルギー源であり、健康な体作りに欠かせないたんぱく質ですが、肉類に頼って摂取すると脂肪分の摂取量も多くなり、血液がドロドロになってしまう恐れがあります。ただでさえ血行が悪化しやすい状況ですから、血圧が上昇するだけでなく動脈硬化、さらには心筋梗塞などのリスクを抱えてしまうことになりかねません。

 

もちろん、血行不良による冷え性、むくみ、倦怠感、疲労の蓄積といった更年期によく見られる症状の原因にもなってしまいます。

更年期には大豆製品やビタミン、ミネラルの摂取ができる野菜を多めに摂ること

更年期対策Q&A

一方摂りたい食事ではまず大豆製品となるでしょう。大豆に含まれている大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きがあるのため、この女性ホルモンの分泌量が減少することで生じる更年期障害の症状を軽減することができます。ただこのエストロゲンを補う働きは大豆イソフラボンだけに備わっているわけではなく、「フィトエストロゲン」と呼ばれる成分でも同じ効果が期待できます。

 

そもそも大豆イソフラボンもフィトエストロゲンに分類される成分のひとつなのですが、ほかにもキャベツに含まれるホウ素なども該当します。野菜に多く含まれているのでビタミンとミネラルの摂取も踏まえながら野菜を多めの食事を心がけてみましょう。

 

ビタミンでは疲労回復に役立つビタミンB群、老化の予防に役立つビタミンCなどもうまく摂取していきたい成分ですが、更年期対策では老化予防と血行改善効果を備えたビタミンEがとくにおすすめです。ナッツ類や植物油に多く含まれているこの成分を摂取することで血行改善やホルモン分泌の調節といった効果が得られます。ほかにも鉄分や亜鉛の摂取も意識したうえで全体のバランスが取れた食生活を心がけてみましょう。

 

通販で売れている高麗人参サプリベスト3

更年期に使ってみたい人気の高麗人参サプリ

高麗美人

高麗美人

サポニンは大豆の7.7倍!更年期の美容と健康に100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

白井田七

白井田七

楽天1位!更年期の倦怠感と美容に累計10万袋売れ続けている和漢サプリ
6,480円・税別/定期初回3,980円(2回目以降5,184円)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬日本堂 有機 田七人参

薬日本堂 有機 田七人参

添加物不使用、田七人参100%!漢方専門店が作った純度100%のサプリ
6,480円・税込/定期初回2,980円(2回目以降4,980円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!