ダイエットにも効果的な更年期に行いたい運動とは?

更年期対策には運動もぜひ取り入れましょう。更年期に入る40代半ば〜50代半ばは体の衰えも急激に進んでいきますから、体を鍛えることでそれを補うことも重要ですし、運動によって更年期がもたらすさまざまな問題を改善していくことも可能です。

更年期に効率よく働く運動はウォーキングなどの有酸素運動

更年期対策Q&A

更年期に入ってエストロゲンが減少すると内臓脂肪が蓄積することで太りやすくなります。急激に体脂肪が増えるだけでなく、高血圧や糖尿病といった生活習慣病のリスクを抱えることもあるため、運動による体脂肪の燃焼や血圧・血糖値のコントロールが非常に重要なのです。

 

また運動は血行不良の改善にも役立ちますし、適度な疲労による睡眠環境の改善、体を動かす爽快感による自律神経の調節、ストレスの発散といった効果も期待できます。これだけを見てもいかに運動が更年期のさまざまな症状に役立つかがうかがえるでしょう。

 

こうした効能をもっとも効率よく得ることができるのが有酸素運動です。つまり酸素を継続的に取り入れながら体を動かし続ける運動で、ウォーキングやランニング、スイミングなどが該当します。筋トレや短距離走のように一度に急激な負荷をかけるのではなく、酸素を体内にとりいれながらじっくりと体を動かしていくのです。

 

そうすることで脂肪の燃焼を促す効果が高まるほか、あくまで適度な疲労感と爽快感で心身のリラックス効果が得られます。外の空気を吸い、景色を見て回ることでストレス解消効果も得られるでしょう。とくにウォーキングは負荷も少なく高い効果が期待できるのでおすすめです。

更年期にはストレッチなどで関節の柔軟性を高めることも大事

更年期対策Q&A

更年期の運動ではこうした継続的に体を動かして脂肪の燃焼を促すだけでなく、柔軟性を高めることも大事な点です。更年期は老化の影響で間接がかなり固くなってしまっているため歩行の際に負荷がかかりやすくなっています。さらにエストロゲンの減少で骨の密度が低下しており、ちょっとしたことに痛みや不都合を感じてしまうこともしばしば。それを防ぐためにも運動によって間接の柔軟性を高めることも大事なのです。

 

ストレッチや柔軟運動も取り入れつつ全身を適度に動かす運動とうまく組み合わせていきましょう。この点でもウォーキングは理想的です。腕をよく振り、少し大またで息が軽く切れるくらいの速さで歩いてみましょう

 

もうひとつ、骨盤底筋という筋肉を鍛えることで体のバランスを改善するのも更年期対策とダイエット両方に適した運動です。骨盤にあるこの筋肉は内臓や骨盤を支える働きを担っており、衰えると骨盤のゆがみや脂肪がつきやすくなるといった問題のほか、尿漏れなどのトラブルも起こりやすくなります。

 

とくに50代を過ぎるとこの筋肉の衰えが進んでいくのでケーゲル体操などで鍛えるトレーニング方法をとりいれてみましょう。姿勢を維持するうえでも大切な筋肉なので美容の面でもぜひともトレーニングを取り入れていきたいところです。

 

通販で売れている高麗人参サプリベスト3

更年期に使ってみたい人気の高麗人参サプリ

高麗美人

高麗美人

サポニンは大豆の7.7倍!更年期の美容と健康に100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

白井田七

白井田七

楽天1位!更年期の倦怠感と美容に累計10万袋売れ続けている和漢サプリ
6,480円・税別/定期初回3,980円(2回目以降5,184円)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬日本堂 有機 田七人参

薬日本堂 有機 田七人参

添加物不使用、田七人参100%!漢方専門店が作った純度100%のサプリ
6,480円・税込/定期初回2,980円(2回目以降4,980円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!